仕事が辛いITエンジニアへ

今すぐ転職すべき!

LINEで送る
Pocket

辛いと感じたら実践したい究極の解消法

忍耐することは大切ですし美しいことですが、忍耐すればなんでも問題が解決するわけではありません。ITの仕事が辛く、辛い仕事から解放される見込みがないなら、別の選択肢を探してみる価値はあるはずです。転職は勇気がいることですが、やってみると「もっと早く転職しておけばよかった!」となることも少なくないものです。どうしようか迷っているうちに時はあっという間に過ぎてしまうので、辛いと感じたら思いきって行動してみてはいかがでしょうか。何もせず後悔するよりとことんやってみたほうが気持ちもスッキリするはずですよ。

迷った時の判断ポイント

今の仕事が辛く、転職しようかどうしようか迷った時は、「今忍耐したその先に何があるのか」を冷静に分析してみましょう。エンジニアとして長く活躍していくためにはスキルアップが絶対的に必要ですが、今の環境が続いた場合にそれを実現できるでしょうか。それとも日々の業務をこなすことで精一杯で、新しいスキルを習得するなどとても考えられないような状況でしょうか。もし後者のような状況なら転職を考えるには十分な動機になりますよ。もちろん今のままで続ける選択をするのも自由ですが、気がついたらキャリアアップにはひと足遅く、古いスキルはもはや使えず前へも後ろへも進めなくなってしまう可能性があるので、将来を見据えて慎重に考えておきたい問題ですね。

上流工程のみの現場はスキルアップが難しい

システムエンジニアになる経緯は人それぞれで、プログラマから業務の領域を広げる人もいれば、新卒1年目からシステムエンジニアとして上流工程に関わる人もいます。経験が上流工程のみのエンジニアはExcelさえ使いこなせれば業務はこなせてしまったりするので、プログラミングスキルは一切進歩しないまま年月だけが経過してしまう可能性大。キャリアアップを視野に入れたいなら一度じっくり将来について考えておきたいところですね。

下流工程でも立場によっては単なる作業員

プログラミングを手がける下流工程は、コツコツスキルアップしたい人にとって魅力的な現場です。ただし、プログラミングはクリエイティブな仕事のようで実は多くが機械的。自分ではちょっと変だなと思うようなコードでも言われれば書くしかないのが下請けプログラマの悲しいところだったりするのです。エンジニアとしての将来のことに目を向けてみると、IT業界に求められることが今のまま続かないことは明らか。強いところは生き残り、弱いところは淘汰されていくでしょう。東京オリンピックを境目にビジネスの流れが変わるといわれている今こそ、将来をしっかり見据えた転職に向けて行動するチャンスです!

おすすめカテゴリ

解消法はないの?

IT業界が辛いと感じている方におすすめ!

特集
ページTOPへ