仕事が辛いITエンジニアへ

ハイパフォエンジニア!

LINEで送る
Pocket

ハイレベル案件

会社員として辛い仕事もひたすら頑張って、そのままずっと先まで頑張り続けるのもいいですが、「実はそのスキルもっとお金になります」と言われたらどうしますか?同じような仕事内容でもっと稼げて辛い現状から脱出できるなら、チャレンジしてみる価値は大いにあるかもしれませんよ。そこでぜひ知っていただきたいのが「ハイパフォエンジニア」というエージェントです。

ハイパフォエンジニアの強み

ハイパフォエンジニアは、フリーランスのITエンジニア専門の案件紹介サイトです。最大の特徴は「上流エンジニア案件の強さ」です。プロジェクトマネジャー経験は1年もあれば案件を見つけることはできます。さらに豊富な経験があるなら月100万円を超える高単価案件を紹介されるかもしれないので、夢の年収1,000万円が一気に現実味を帯びてくるというもの。フリーランスになると報酬の支払いが遅くて困るという話を耳にしますよね。ところが、ハイパフォエンジニアでは企業からの支払いを待たずにフリーランスに入金するという気前の良さ!なんと業界最速だそうですよ。

40代のエンジニアにもチャンス

プログラマは若手が好まれるイメージですよね。若い人は柔軟な思考力、吸収力があるのである意味当然のことなのかもしれませんが、その点で、上流エンジニアは年齢の高さがネックにはなりません。もちろん年齢に負けずにロジカルな思考力をキープする必要がありますし、高いコミュニケーション力も必要になるとはいえ、経験豊富な人なら年齢なんて関係なく重宝されますよ。ハイパフォエンジニアを利用するエンジニアで一番多いのが30半ばから40代ということからも、求められている層がわかるというものです。

フリーランスがマネジメント

システム開発は成果はもちろんのこと納期も命。万が一納期が守れなかった場合、プロジェクト管理者の責任は重大です。そんな大きな責任をフリーランスが1人でかぶるのはリスキーだから怖いと感じる人も多いことでしょう。しかし、孤独なフリーランスの不安を吹き飛ばしてくれるのがハイパフォエンジニアの頼もしいところ。そのカラクリは、ハイパフォエンジニアの運営元であるINTLOOPのコンサルティング力に隠されています。人材を紹介したらそれで終了ではなく、フリーランス1人1人にしっかりと寄り添ってサポートし、一緒にプロジェクトを成功へと導いてくれるので、案件参画が決まったら自信を持ってその仕事に臨むことができますよ。

  • ハイパフォエンジニア(サイトに飛ぶ)
  •     
  • ハイパフォエンジニア
  • 現場でプログラミング作業を行うエンジニアというよりも、上流工程のエンジニア向け案件を探したいフリーランスにうってつけのエージェントということです。

おすすめカテゴリ

解消法はないの?

IT業界が辛いと感じている方におすすめ!

特集
ページTOPへ